M.I.A.

2008.11.25.

Posted on 11.25.08

毎年、この時期になると音楽番組や音楽専門誌なんかで、“年間ヒットランキング”や“年間ベストアルバム”といった類いの特集がされ、それを楽しみにしているのですが…自分でも年末になると今年はコレを良く聴いたなと振り返ったりしています。

今回は、去年よく聴いたアルバムのひとつ、 M.I.A の Kala のご紹介です☆

M.I.A / Kala

まずは、彼女の紹介から…

M.I.A.とは、Missing In Action = 戦闘中行方不明のこと。

本名は、Maya Arulpragasam(マヤ・アルプラガサム)

イギリス出身のスリランカ系タミル人。

ミュージシャンであり美術家でありデザイナー。

両親が仕事の都合でイングランドに滞在していた頃にロンドンで生まれ、半年後には両親とともにスリランカに渡る。

しかし、内戦が激化するスリランカでマヤ達一家はLTTE(反政府軍)のメンバーである父と生き別れになり、戦争によって多くの親戚や友人をなくし、マヤが11歳の頃、母はマヤ達3人の子を連れイングランドに難民として移住する。

著名なデザイナーを輩出しているセントラル・セント・マーティンズ美術学校を卒業。

デザイナーとしても、個展を開くほどの人気で最初の個展で発表した作品は、なんとあのジュード・ロウがすべての作品を大人買い!!!(セレブ買い?)

自身の経験から、人権保護や反戦のメッセージをデザイナー(反戦アートのTシャツ等)として歌手としてファッション性に富んだアプローチで伝えている。

彼女の芸名 Missing In Action (戦闘中行方不明)は生き別れて連絡の取れないLTTEのメンバーである父に対するメッセージであり、ファーストアルバムのタイトル“Arular”は父親のコードネームである。(ちなみにセカンドアルバムのタイトル“Kala”は母親の名前)

.

彼女の活躍で、父親と再会できることを陰ながら願っています…。

今からご紹介する曲“Paper Planes” は、アメリカにおける就労ビザ問題に対してのメッセージ。

The Clash の “straight to hell” をサンプリングしています。

あのビースティ・ボーイズもちょい役で出演しています☆

オシャレなのか、ムチャクチャなのかギリギリのマヤ独自の着こなしテクニックにも注目!!!

_______________________________________

M.I.A / Paper Planes