Posted on 05.28.21

インディロックの新たな震源地となっているサウスロンドンのヴェニュー (ライヴハウス併設のパブ),“The Windmill”を中心とするシーンの中でも本命中の本命と目されているバンド,black midiのセカンドアルバム『Cavalcade』

 

 

 

アートワークはOPNのジャケットでも知られるDavid Rudnickが手掛けています。

 

デビューアルバムも素晴らしかったですが、今作もその勢いが衰えないどころか、更に増しているんじゃないかと思うくらいの作品を完成させてくれました。

 

アルバムタイトルの『Cavalcade(隊列)』が示すように、今作は彼らの大きな武器であった「即興の神話」から離れ、正確さを重視して制作されたらしいです。

 

正確性と即興性を高い次元で併せ持った彼らのライヴは、どれほどエキサイティングなものでしょう。

 

black midiは9月に来日公演が決定していますが、(自分は行かないですが)その頃には日本も普通にライブを楽しめるような状況になっていれば良いのですが…