Sugar Cube

2024.06.25.

Posted on 06.25.24

Björkからの由来で店名をつけているお店が当店以外にもあると知ってランチを食べに行ってきました。

 

 

The Sugarcubesは、ビョークがソロ活動を開始するまで結成していたバンドです。

 

店内にはビョークの写真の他に、デヴィッド・ボウイや岡本太郎の写真、サルバドール・ダリの写真集などが飾ってあり、とても素敵なお店でした。

 

洋食ランチのセットも激ウマでした!

 

店主さんもお店も、僕より長いキャリアがあるように見受けられました。

V:oltaも末長く、地元の方やお客様に支持いただけるように、僕もまだまだもっと頑張らないと!という気持ちにさせていただきました。

 

ご興味のある方は、ぜひ一度Sugar Cubeさんへ足を運んでみてください!

 

https://maps.app.goo.gl/gELy9HDh8NBkiNr3A

 

Bob Hair

2024.06.25.

Posted on 06.25.24

hang all snaps

2024.06.23.

Posted on 06.23.24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VOGUE ITALIA N.885

2024.06.23.

Posted on 06.23.24

イタリアンヴォーグの最新号が届きました。

 

 

今号の特集は『Bohemian Rhapsody』

 

ボヘミアン・ラプソディと聞けば、Queenのフレディ・マーキュリーの伝記映画を思い浮かべる方が多いと思いますし、本誌のタイトルもそれに掛けているのでしょうが、これはモード界の新しいトレンドとして“ボヘミアンスタイル”の復興があったことに起因しています。

 

このトレンドの火付け役であり中心にいるのは、Chloéの新クリエイティヴ・ディレクターに就任したシェミナ・カマリです。

 

 

彼女は、2016年から、アンソニー・ヴァカレロによるサンローランでウィメンズ・レディ・トゥ・ウェア・デザイン・ディレクターを務めていました。

サンローランは、前任エディ・スリマンのデザイナー就任を機にクリエイションがガラリと変化しました。

当時のエディは、西海岸(L.A.やシアトル)のカルチャーから大きな影響を受け積極的にコレクションに取り入れていました。

そのひとつがボヘミアンスタイルでした。

現デザイナーのヴァカレロも、エディが改革したサンローランのスタイルに近いクリエイションを続けています。

 

 

シェミナは、そのサンローランで行ったボヘミアンスタイルのクリエイションを、今回就任したクロエで“クロエらしく”表現しました。

どこか清楚でフォークロアなイメージを持つクロエと、シェミナのモダンさを内包するボヘミアンスタイルのアプローチは、まさに相性抜群でした。

 

 

 

というモード界の最前線のトレンドを先にお伝えさせていただきました。

 

.

そこにいち早くトレンドの芽を掴み、このような素晴らしい特集を作り上げてくるイタリアンヴォーグもやはり素晴らしいです。

 

 

 

 

今年の秋くらいには、日本のファッション誌でもボヘミアンスタイルを取り上げるところも増えてくるかと思いますが、イタリアンヴォーグ→海外主要モード誌→日本のモード誌→日本のカジュアル系ファッション誌→日本のコンサバ誌みたいなミラミッド構造で、マスに広がる程どんどんスタイルの落とし込み方が違ってくるので、そのあたりにも注目して見てみるのも面白いと思います。

 

ちなみにV:oltaは、主にピラミッドの一番上のイタリアンヴォーグに共感する感性をお持ちの方~日本のモード誌読者層(もしくは日本のカジュアル系ファッション誌読者層の一部の方)の皆さんに対して、ヘアスタイルに関して安心してお任せしていただきご満足いただけるような存在の美容室でありたいとの考えのもと、オープン当初から一貫した理想のスタイルを追求して精進しております。

 

みなさま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

.

他の写真も少しご紹介させていただきます。

 

 

 

 

本誌はお店に置いていますので、ご興味のある方は待ち時間などにぜひご覧くださいませ!

Posted on 06.23.24

weekend navigation

2024.06.21.

Posted on 06.21.24

いつもV:oltaをご利用いただき、まことにありがとうございます。

今年の梅雨入りは遅いと言われていましたが、いよいよ関西でも梅雨入りとなりました。

今週末の雨の予報となっておりますので、ご来店いただくお客様はお足元にお気をつけていらしてください!

ご予約は、まだ土日とも午後からの時間であればご案内可能ですので、ご来店をお考えいただいている方はお早めにご連絡くださいませ。

 

.

最近、バフティヤル・フドイナザーロフという、タジキスタン(旧ソ連)の映画監督の『ルナパパ』という作品を観ました。

 

 

フドイナザーロフは初めて観ましたが、とても魅力的な世界観の作品でした。

 

シュールでコミカルなキャラクター達、独特のセンスを感じる映像美、寓話的なストーリー。

それらの要素は、どこかウェス・アンダーソンを連想させるもので、これはウェスもフドイナザーロフから影響を受けたのではないかなと(知らんけど)途中で連想してしまうような素晴らしい作品でした。

 

僕はウェスよりフドイナザーロフの方がより好みかも知れません。

 

 

見てください、この面白いシーン。

この17歳の主人公はとあるきっかけで子供をお腹に宿してしまうのですが、それでお医者さんに診察してもらうために検診台に乗ったらこんなポーズになってしまうんです。

指先の伸び具合と主人公のあどけなさの残る真剣な表情、それらと無機質な検診台とのマッチングが絶妙過ぎます。

 

コメディはちょっと苦手ですが、コミカルは面白いです。

 

シャガールの絵画のような映像が特に素晴らしかったです!

ご興味のある方は、フドイナザーロフ作品もぜひチェックしてしてみてください!

MAGNUM MAGNUM

2024.06.21.

Posted on 06.21.24

1947年にロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デヴィッド・シーモアによって設立された伝説的な写真家集団,マグナム・フォトの創設75周年を記念して、2007年に発売された金字塔写真集『MAGNUM MAGNUM』の増補改訂版が発売されたので、この度購入いたしました。

 

 

実物を初めて見たのですが、とにかくデカくて重いです。

 

 

掲載写真533点、実に700ページを超えるボリューム!

もう重すぎて膝の上に乗せて見終えた後、ホエイプロテイン飲もうかと思いました…

めっちゃマグナム。

 

 

.

本書は、88名の会員が別の写真家による6つの作品を選んで批評し、その選択の理由について解説を付すというかたちで構成されています。

今回の増補改訂版では、過去15年のあいだにマグナムに加わった25名の写真家が追加され、150枚以上の作品が新たに掲載されています。

 

 

“盛りすぎチャレンジ”が話題のローソン(コンビニはあまり行かないので詳しいことは知りませんけども)もビックリの盛りすぎ具合。

 

.

掲載されている写真も本当に素晴らしいものばかりでした。

僕もローソンに負けずにたくさん載せてご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

(ジャコメッティ発見!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの写真の背景には、その国それぞれの文化や暮らし,宗教だけでなく、その時の世界情勢や社会問題なども存在します。

観るものが持つ知識や教養の深さによって、その1枚の写真から入ってくる要素が視覚的な芸術性だけでなく、その被写体から浮かび上がってくる時代背景やシャッターを切った写真家の思いにまでも考えが及んでいきます。

 

.

写真集を収集するのは僕の趣味のひとつなのですが、最初の頃はファッション写真家の写真集やファッションブランドの出す写真集などを中心に収集していました。

もちろん、それらは今も興味あるし好きなのですが、だんだんとより芸術寄りの写真や、その時代,その社会を捉えるような写真を撮る写真家の方に強い興味を持つように変化していきました。

 

この写真集も20代の頃の自分では高いお金出してまで手に入れたいとは思わなかった筈です。

でも、今なら喉から手が出るくらい手に入れたいと思いました。

 

ここに掲載されている作品を一枚ずつ丁寧に観察し、世界のことや社会のこと、そして人間の本質についてももっと学びたいと思います。

 

本書はお店に置いていますので、ご興味のある方は待ち時間などにぜひご覧くださいませ!

Medium Layer Hair

2024.06.21.

Posted on 06.21.24

blue sky

2024.06.20.

Posted on 06.20.24

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on 06.20.24

Mens Hair

2024.06.20.

Posted on 06.20.24

Posted on 06.19.24

ヴィム・ヴェンダース、ジム・ジャームッシュ、ラース・フォン・トリアーなど、名だたる映画監督から信頼された撮影監督,Robby Mullerの写真集『Polaroid』を3度目の復刊となる今回ようやく手に入れることができました。

 

 

今回のリリースでは、ミュラーのポラロイド写真をエクステリアとインテイリアに分けたスリップケース入りの2巻セットとなっております。

 

 

.

中の写真を少しご紹介したいと思うのですが、いかんせん本が硬くてサイズも小さいこともあって、一人でページを広げながら撮るのがメチャむずい、、、

 

 

でも、写真はとてもかっこいいから、皆さんにもうご少し紹介したい。

 

.

という僕の無欲で献身的な思いが、オッペンハイマー級のアイデアを生み出しました。

 

 

 

右サイドから戻ってこようとするページを撮影していない方の書籍で重し変わりにし、左サイドは日本料亭の女将のように繊細に丁重に指を使ってそっと押さえる。そして忘れてならないのが空いた右手を利用して片手でスマホを構えてシャッターを切りました(左利きなのに)。

 

本誌にご興味のある方は、ぜひご来店いただいた際に実際手に取ってその本のカッチカチ具合を味わってみてください。

ロビー・ミュラー最高!

Hair Arranges

2024.06.19.

Posted on 06.19.24

hang all snaps

2024.06.16.

Posted on 06.16.24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bob Hair

2024.06.16.

Posted on 06.16.24